40代になってからの肌や体の変化

30代後半から、顔のシミが多くなったり、深いしわができたりするようになりました。

以前は、日焼け止めを使うとそれほどシミが増えなかったように思えますが、30代後半から40代に入り、ごまかすことができないほど濃いシミができるようになりました。

また、頬の肉も下の方に下がり、笑うとしわができるようになったので、顔の体操でも始めなくてはシワだらけになってしまうのではないかと怖いです。

肌も以前のように水分のある肌ではなくなり、乾燥してひどいので、時期によっては保湿クリームを使ったり、リップクリームを使ったりしています。

体の変化としては、非常に体が硬くなったなと感じます。

前屈したり体をねじったりするときに、以前ほど曲げることができません。

もっと若かった時も、特にスポーツなどはしていませんでしたが、それほど体が硬いと感じたことはありませんでした。

体全体のぜい肉も色々と見えない個所につき始め、運動しなければと思っています。

私の体重はもう15年以上も変わらず、一定に保っていたのですが、40代に入り体重が増え、それを減らそうと思っても以前のようになかなかコントロールができません。

睡眠も若いころは4時間半くらいで大丈夫だったのですが、今は6時間以上は必要です。

体の変化を目の当たりにし、どうやって解決できるかと困っています。

保湿力のおとろえ

育児真っ盛りの40代前半。

独身の頃あった自分自身のケアなどに充てる時間や余裕がない日も多く、明らかに肌の劣化を実感します。

特に乾燥が目立つ、手や足、爪などがカサカサしています。

保湿ケアを続けていた時とは明らかに違う。

加齢による衰えにはあまり抵抗感を持たないように
とは思うものの、自分の子供と並んだ時の肌の違いにどきっとすることも。

化粧品やサプリより、日々の食事からの改善であれば、健康的だし、普段の日常の食の取り方を変え、
食育にもつながるので、取り組みしてみたいと思う今日この頃です。

調べてみると、お水を取ることも大切ですが、ある程度の良質な油分を取ることは大切とのこと。

お料理に使う油をオーガニックのココナッツオイルに変えてみました。

健康にもよいし、お肌にもよい。

これからもこうした食材を探して見たいと思います。

ただ、爪や手先というのは水仕事も多い生活で、なかなか食べ物だけでは解決しないのでは。

ハンドクリームも子供に触れることが多いのでそうそう毎度塗っては洗い、
を繰り返すので、何かいいアイデアはないものか。

手軽に簡単に、1日一度。

やはり寝る時のハンドクリーム&絹の手袋なんかがいいのかも。

試してみようと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP