汚れを落とすのに添加物は必要?

私は、40歳代女性です。

若いときは、特に吹き出物がたびたび出来ていました。

当時は、動物性の物を食べていたのですが、20年前ほどから魚介を除くお肉類は、ほとんど食べなくなりました。

そのせいもあるのか、顔の油が減り、にきびや吹き出物が一気に減りました。

さらに当時は、いわゆるデパートで販売されているコスメを、洗顔から化粧品までトータルで購入していました。
ですが、化粧品の添加物などの肌への影響を考え、そのコスメを断ちました。

確かに、カバー力や発色は、とてもよかったのですが、年齢を重ねてゆくうちにナチュラルを求めるようになりました。

変えてから、今は、吹き出物などのトラブルは、ほとんどありません。

まずこだわっているのは、洗顔料です。

たくさん販売されていますが、どれもどんな成分かわからないカタカナの添加物が多く入っています。

顔の汚れを流すだけなのにそんなに添加物は必要でしょうか?

洗ってもなお、添加物が肌に浸透しているようで、私は好みません。

よく「石けんがいい」と言われますが、気を付けて選ばないと石けんでさえも添加物が入っているのです。

私は、シャボン玉石けんシリーズを愛用しています。

成分は、石けん素地のみです。

きれいな色や良い香りなんてありません。

だからこそ、無添加と言えます。

これを十分泡立てて流すだけで、驚くほどさっぱり感が得られます。

気になる時は、2度繰り返すだけでぴかぴかです。

私は、身体も全部この石けんだけです。

香りでごまかすボディソープとは違い、汚れがとてもすっきり落ちます。

さらに、今まではドラックストアでメイク落としを買っていましたが、目に少しでも入ると刺激の強いものばかりでした。

今は、マークスアンドウェブのクレンジングオイルを使用していますが、天然精油の香りも爽やかでぬめりもすぐ落ちて肌にとてもやさしくリピーターになっています。

洗顔とクレンジングを変えただけでもとても調子がいいです。

さらに化粧水や乳液、日焼け止めもマークスアンドウウェブに統一したところトラブルはありません。

パックなどはしていませんが、年齢的に、ほうれい線や眉間の縦ジワが気になるようになりました。

この深いしわをほぐすようなマッサージは極力しています。

しわは、塗るもので治るとは思っていません。

表面でなく、中にもくっきり刻まれているものだと感じています。

ですので、これはマッサージ以外に無いと思って手入れをしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP